プロミスの手数料を節約せよ

返済時に手数料を支払うのは勿体ない。私はそう思います。カードローンを利用する時に、利息の他に手数料がかかります。これはかなりの負担ですよね。できることならこれを支払いたくないかと思います。
プロミスの返済時にかかる手数料は0円に抑えることが出来ます。


プロミスの返済方法

プロミスの返済方法は全部で7つあります。この中で手数料がかかるのは二つ。それは銀行振り込みと提携ATMでの支払いです。
プロミスは三井住友銀行グループの傘下に所属しています。プロミスの返済の時には、三井住友銀行に振り込むという形での返済も可能です。
しかしその時に、手数料がかかってしますのです。では、振り込み手数料はどのくらいかかるものなのでしょうか。
例として三大メガバンクの振り込み手数料を見てみましょう。
○三井住友銀行    100円
○三菱東京UFJ銀行 振込金額3万円未満250円 振込金額3万円以上400円
○みずほ銀行     振込金額3万円未満200円 振込金額3万円以上400円
どうでしょうか?高いところだと、なんと400円もとられてしまします。この手数料の負担は短期間の借り入れだと、それほど気にならないかもしれません。しかし1年を超える返済になると、総額かなりの金額を支払うことになります。
また提携ATMの利用では1万円以下だと100円、1万円以上だと200円かかります。返済の時に掛かる手数料は0円に抑えることができるのに、もったいないと私は思います。そのちょっとした手数料を節約するという意識を持つ、それが賢いカードローン利用につながります。
手数料は支払う必要はない、この意識を持ちましょう。なお、複数社のカードローン比較を行いたいのであれば、ランキングサイトなどを参考にしてみましょう。